冬の今に需要拡大?霜焼け治療

そもそも「霜焼け」とは?

寒くなってくると、手足が赤くなって痛痒い…。「霜焼け」は、昔からよく子供がなっているイメージですが、女性は特に、大人になってもなる人が一定数います。
痒くて痛いのって、地味に辛いですよね。あと、お風呂で沁みるんですよね…。冬のお風呂はよく浸かりたいけど、しもやけが痛くて…というジレンマを毎年経験されている方いませんか?

そもそも霜焼けのメカニズムをご存じでしょうか?霜焼けは別名「凍瘡(とうそう)」と言って、寒さや冷えによって血行が悪くなって起こる炎症です。もともと血行の悪くなりやすい手足の末端部分や、鼻や耳など露出した部分に現れることが多いですが、腿やおしりに症状がでる人もいるようです。一日の気温差と皮膚の表面の温度差が大きく関係していて、真冬ももちろんですが、一日の気温差が大きい冬のはじめや春先にもなる人が多いです。

生活環境では、ずっと寒いところで作業したあとに温かい部屋に入るときに皮膚の表面温度が急上昇して、しもやけをおこす引き金となりやすいです。水仕事で手が濡れているのをよく拭かなかったりしても、乾くにつれて皮膚の表面温度がさがり霜焼けを引き起こしやすくなります。こうしてみると、ちょっとしたことでなりやすいですね。また、体質的に冷え性の人がなりやすいようです。女性が多いのも納得ですね。

どんな治療があるの?

ひと昔まえまでは「冬のあるある」としてあまり積極的に対処されず、放置されていたような気がしますが、これ、保険適用で治療できるんです。 先ほどのとおり霜焼けは皮膚の温度差と乾燥でなりやすいです。屋外では防寒対策を手厚くする、こまめに保湿クリームを塗る、手袋や靴下を温かいものにするなどして、保温と乾燥を防ぐことが予防になります。でも、なってしまったら?症状がつらいときは「え?たかが霜焼けで病院にいくの?」と思わず、一度スキンクリニックで相談してみましょう。 病院では、消炎鎮痛剤やビタミンEの服用、かゆみどめなどが処方されることが多いです。症状が重い場合はクリニックによっては漢方で体質から改善していく方法もありますので、相談してみてもいいかもしれません。 霜焼けは甘く見て放置していると、水ぶくれができたり、そこからばい菌がはいったり、皮膚の壊死につながる場合もあります。保険適用となると治療費の心配なくクリニックに通院することができますね。 寒い冬は毎年やってきます。しかも霜焼けは、一日の温度差が大きい春先まで安心できません。イルミネーションなど冬ならではの屋外イベントを心から楽しめるように、「たかが霜焼け」と思わずに病院でしっかり治療しましょう。